奥出雲について

奥出雲について

町の概要

 平成17年3月に旧仁多町と旧横田町の合併により誕生した奥出雲町は、島根県の東南端に位置し、中国山地の嶺を隔て広島県と鳥取県に接する、神話に名高い斐伊川の源流域にあります。

 この奥出雲の地は、古事記、日本書紀の八岐大蛇(ヤマタノオロチ)退治や、素戔鳴尊(スサノオノミコト)が降臨したと伝えられる出雲神話発祥の地であり、古くから「たたら」製鉄で栄え、今でも世界で唯一、古来からの「たたら」操業を行い日本刀の原料となる「玉鋼(タマハガネ)」を生産しています。

 本町は、地域資源を活用した仁多米、仁多牛、奥出雲椎茸、奥出雲酒造などの地域ブランド化による産業の振興をはじめ、町100%出資の第三セクター設立による雇用の創出、空き工場・空き家を活用した企業誘致や定住対策の促進、亀嵩温泉玉峰山荘、サイクリングターミナルなどの地域間交流の促進、また、県立自然公園で国指定天然記念物の鬼の舌震、日本一のトラストアーチ橋がある奥出雲おろちループ、比婆道後帝釈国定公園の船通山や、鉄の歴史を今に伝える絲原記念館、可部屋集成館などの恵まれた自然と豊富な観光資源を活かした観光の振興などを進めております。

 特に合併後は、地域間格差の是正と均衡ある発展を目指す中で、いち早く情報通信網の整備に着手、全町で各家庭まで光ファイバーを接続した全国最先端のFTTH網が完成し、超高速インターネット、ケーブルテレビ、IP電話の利用はもとより、新たにテレビ電話による独居老人宅の見守りや在宅医療、生活支援サービスの構築を進めており、生活基盤・道路網の整備と併せ、健全な財政運営に努めながら合併後の一体感の醸成、地域経済の活性化に取組んでいるまちです。

主な道路は、国道314号線、国道432号線、主要地方道玉湯吾妻山線、横田多里線、印賀横田線などがあります。鉄道についてはJR木次線、バスは奥出雲交通があります。
役場、JR、学校金融機関、公共施設、商店(食品)などの位置を地図でご確認いただけます。
地域おこし協力隊が、奥出雲町内の農家や地域ならではの活動をされているグループにお邪魔して、生業や活動を体験させてもらいました!ここでは、その体験をレポートします。
奥出雲は標高300~500mに位置し、昼夜の気温差が大きいため、お米や野菜などの栽培に適しおいしい農産物が収穫できる土地です。
奥出雲町の人口、世帯数、土地、位置など基本データを掲載しています。
全国各地でいろんな風習があるように、奥出雲町にも古くから地域に伝わる習慣やルールがあります。ここでは、そんな生活ルールを紹介します。

問い合わせ

奥出雲町役場 地域振興課 Tel 0854-54-2524 Fax 0854-54-1229

問い合わせ
お気軽にお問合せください。
おくいずもん
おくいずもん募集中